法人・団体のお客様

ハイパーグリーンのご使用方法

土壌のお悩みはハイパーグリーンですべて解決!

アグリサポートが開発した「ハイパーグリーン」は、すぐれた「法面緑化基盤材」であるとともに、すぐれた「完熟堆肥」でもあります。

法面緑化基盤材として

【施工前】

施工前

【ハイパーグリーン吹付後】

ハイパーグリーン吹付後

【3ヶ月後】

○ヶ月後

法面緑化基盤材は、無機質土壌に植物が根付くための苗床としての役目を果たすために、腐葉土に限りなく近い性状を要求されます。
アグリサポートのハイパーグリーンは、河川工事・道路工事等で発生する伐採草木のチップが主原料です。原材料に含まれる植生阻害物質を除去するため、長期間野積みし、腐食した原料と畜糞を混合攪拌し、有効微生物醗酵工程を通し、製造しています。

【ハイパーグリーンの特長】

  1. 熟成しているため、基盤材の流亡減失が少ない。
  2. 含有微生物の働きにより、無機質土壌を植生に適した土壌に転換できる。
  3. 保水力が大きく乾期の植生障害を防ぐことが出来る。
  4. 完熟しているために植生障害がなく発芽にバラツキがない。

農作物栽培の堆肥として

農作物栽培の堆肥として近年の農業は、化学肥料の使用過多により土壌の有効微生物が疲弊し、肥料成分を分解できずにそのまま残留し、土壌バランスが崩れています。本来であれば、肥料成分を微生物が分解し、植物が吸収し、そのサイクルが回っていました。今はその循環の輪が途切れているのではないでしょうか。

アグリサポートのパイパーグリーンは、その中に多くの有効微生物を含有しています。有機農業を目指されている方にお勧めです。是非、本来的な土壌に転換する味方としてご使用ください。